security (安全) –クラシックデザイン

01/01/2018

ユンハンスが盛大に発売し始めたMax Bill 2018は絶対にクラシック芸術品だと言える。それは時計の裏面にMax Billのsicherheit(安全)のテーマが表示されていることと文字盤で用いられた純粋主義のMax Billのレイアウト・スタイルとの二つの面から表れています。



sicherheit(安全)シリーズはMax Billの有名なgrafische reihen(グラフィックス・シリーズ)から得られたもので、この時計のことを言うと、インスピレーションが第5シリーズからのものです。Max Billのgrafische reihen(グラフィックス・シリーズ)からアーティストとバウハウスアの学者Max Billが芸術愛好者に芸術品の製作過程及び作品の内外部構成を説明することに対する深い興味を持っていることを読み取れます。それは、人が芸術品を理解できなくても、好きになることができるが、芸術品の製作方法を分かってから、初めてそれを鑑賞することができる、とMax Billが考えているからです。sicherheit(安全)は基本的な考え方に基づく転変だと言えます。Max Bill 2018の時計の裏面に、黄色、赤色、青色及び緑色の四色の三角形からなる正方形がねじられていて、複雑な芸術作品を生み出しました。

2017エディションはクレクターの寝ても覚めても手に入れようとするデザインになりました。それを受け、ユンハンは盛大にMax Bill 2018を発売しました。純粋主義を表現する文字盤と細い針との組合せ、バランスを取った割合設計及び独特の数字表示は皆Max Billが1961年に創作したクラシックデザインです。注目すべきなのは、この限定時計に新しく、細かい元素、即ち、グリーンを取り入れています。グリーンの期日表示、グリーンの縫合糸のステンレススティール・クラスプピン付きカーフスキンストラップとストラップのグリーンの下地。グリーンは時計の緑色の色相と一致し、他の三色と組合せて、この時計のデザインテーマを裏面で完璧に表現しています。gegenseitigkeit(共同)、aktion(行動)、ruhe(静か)及びgleichgewicht(バランス)という四つのテーマのほかに、、第5シリーズの「fünf quantengleiche quadrate(同一の大きさの正方形の5つ)」からの「sicherheit(安全)」というテーマもあります。これらのデザインの源はあるスイスの保険会社が1972年に委託した業務にあります。このシリーズの作品は人々に深刻な印象を与え、十分にMax Billがどうやって、これらの価値観を完璧に表現できたかを表しています。これらの価値観は今になっても人々の情感に影響しています。

Max Bill 2018 –クラシックデザイン

JUNGHANS Max Billシリーズ腕時計

「形は機能に従う」という前提に沿い、アーティストとバウハウスアの学者Max Billは非常に独特な時計を製作しました。1956年、Max Billのキッチン時計の論理的な文字盤デザインはデザイン・マイルストーンとなったと同時に、彼の時計の特徴になりました。そして、1961年に最初のMax Bill腕時計のデザインに取り込まれました。アーティストは、実用的な価値と美しさの組み合わせに特に重点を置きました。明確なラインと美的な完璧さを目指し、JUNGHANS max billのレンジのクラシックデザインはほぼ同じ方法で製作されています。 

max bill Edition 2018 特徴>/h3>

ムーブメント: J645.33石英機芯
 
ケース: ステンレススティールØ 38.0 mm, 高さ7.9 mm裏面ミネラルクリスタル4回ねじ止めで嵌めます。「grafische reihen(グラフィックス・シリーズ)」からの「sicherheit(安全)」を内側にプリントした耐擦傷性コーティングドーム型プレキシガラス
 
ダイヤル/針: 艶消し銀メッキ、環境調和型のスーパールミノバ発光素材を使用した文字盤と針。
 
ストラップ: ステンレススティール・クラスプピン付きカーフスキンストラップ、ブルーまたはグリーンの下地にマッチする限定版プリント
 
防水性: 防滴

詳細についてのお問い合わせ先

Junghans・プレス・オフィス
convensisグループ
Junghans・プレス・チーム
Filippo Corsani
Aicha Williams
Felix Haußmann
Friedrichstraße 23b
D-70174 Stuttgart
Tel. +49 711 / 36 53 37 77
Fax +49 711 / 36 53 37 89
PRjunghans@convensis.com

Junghans -- ドイツ時計

Uhrenfabrik Junghansは1861年にSchrambergのBlack Forest町で設立されました。精度とデザインの150年を超える専門知識において、忘れがたいマイルストーンが反映されます:1903年に、Junghansは3,000人の従業員を持つ世界最大の時計メーカーでした。精度ムーブメントの開発は、1951年にクロノメーターの最大のドイツのメーカーであり、1956年に世界中第三位になりました。1972年に、Junghansはミュンヘンでのオリンピックの公式計時時間測定によって時間計測の新規標準を設定しました。多事、乱流の会社歴史の後で、シュランベルクの実業家博士Hans--JochemおよびHannes Steimは2009年に会社の新しい所有者になりました。各々の時計が、Schrambergで生産され、細節に十分な注意、科学技術専門知識およびデザインと品質の高い標準を持っています。コレクションはカリスマ的な時計から成っている:1930年代以来生産されているMeister時計は、会社の歴史と現状を反映します。1956年に、Max Billがデザインした時計は定番の経典になりました。バウハウス哲学に特徴づけられ、それらは今日まだほとんど不変の形に生産されています。Junghansは無線操縦の腕時計の発明によって新しい標準を1990年に設定した--今日まだ使われている環境に調和型の太陽パワーの組み合わせテクノロジーです。スター・ベアリングと同じくらいユニークなテクノロジー。