Meister Chronoscope : 別格の存在

11/23/2017

Meister Chronoscopeの2種の限定モデルは、洗練されたグレーカラーが使用され、サファイアクリスタル風防が装備されています。



スタイリッシュでエレガント、控えめであり、耐久性に優れています、そしてグレーカラーは新生のブラックカラーです。私たちにとって、グレーカラーより馴染み深くて魅力的な色はありません。それは現代のカラーであり、どんな色との組み合わせても最高の色合いをクリエイトします。洗練された無煙炭色のマイスター・クロノスコープの2種の限定モデルは、スタイリッシュな仲間であり、時代のマスターといえます。ダイヤルには、この特別エディションのEdition SC ― Sapphire Crystalがさりげなくプリントされています。この時計は、マイスター・クロノスコープ限定モデルが別格の存在であるということを明確に主張しています。

2種のモデルがマイスターシリーズで初めてフォールディング・クラスプ付レザーストラップとドーム型サファイアクリスタルを装備しました、この二つの要素が時計の耐久性をより高めています。フォールディング・クラスプは、オフィスやビジネスアポイントで最適な着用を保証するだけでなく、移動途中で手首に完全に安全な位置に固定することもできます。日常のビジネスとスポーツ活動のもう一つのハーモニーは、サファイアクリスタルです。サファイアクリスタルは時計の優雅さを強調し、ハードプレキシガラスと比較すればより優れた耐傷性と耐久性を持っています。これにより、シュランベルグのウォッチメーカーは、マイスターモデルの歴史観あるクラシックデザインを変えることなく、顧客の要望に対応することが出来たのです。湾曲したサファイアガラスは、タイムピースの外観上の優雅さの重要なファクアーとなっています。デザイン、美学、歴史などの理由のため、近年マイスターモデルは耐傷性を高めるための特殊コーティングされたハードプレキシガラスのみで製造されていました。サファイアクリスタルの反射を最適化するために、ガラスは両面に無反射コーティングが施されています。

サファイアクリスタルを装備したマイスター・クロノスコープはスタイリッシュで時間を鮮明に読み取ることができます。

ユンハンスマイスターレンジ:伝統からのインスピレーション

マイスターは全てのユンハンス腕時計を代表とするラベルです。1930年代以来、マイスターシリーズは均等に設計されたダイヤル、バランスのとれたプロポーション及び最高品質のムーブメントで特徴付けられています。1950年代、ウォッチデザイナー達は、比較的高価格のムーブメントを使用し、時計の生産量を減らし、複雑時計を製作するという課題に取り組みました。薄型ケースとコンバインした湾曲型のサファイアガラスとダイヤルは、時計を新しく、そしてエレガントで優美な外観に作り上げました。現在のマイスターシリーズのモデルは、近年の創造哲学へのオマージュです。エキサイティングなプロポーションと皿型のトータライザは、エレガントな流線型モデルラインを強調しています。

Meister Chronoscope Edition SC

ムーブメント: 最大48時間のパワーリザーブを備えたJ880.1自動巻きムーブメント9時位 置に秒針オフセット
クロノスコープ: 中央の秒計測針、12時位置に30分計、6時位置に12時間計
仕上げ: ロジウムめっき、ジュネーブ波紋仕上げのロータ表面と刻印されたロ ゴ、飾り付けブリッジ
ケース: ステンレススチールまたはPVDコーティングを施したステンレススチール、φ40.7mm、高さ13.9mm、ミネラルクリスタルバック、5回ネジ込 式ガラスバック
ガラス: ドーム型サファイアクリスタル、両面反射防止コーティング、ハードコーティングで封止
ダイヤル/ハンド: ソーサー型のサブダイヤル付きドーム型ダイヤル、環境にやさしいスパールミノバの発光素材
ストラップ: レザーストラップ、ステンレススティールまたはPVDコーティングステンレススティールフォールディングクラスプ
耐水性: 最大3気圧

Junghans -- ザ・ジャーマンウオッチ

Uhrenfabrik Junghansは1861年にドイツ、ブラックフォレストにあるシュランベルグ町で設立されました。 そこには、精密性とデザインの専門知識において、150年を超える忘れがたいマイルストーンが反映されます:1903年に、Junghansは3,000人の従業員を抱える世界最大の時計メーカーの一つでした。 精度ムーブメントの開発は、1951年にドイツで最大のクロノメーターのメーカーとなり、1956年には世界第三位となりました。1972年に、Junghansはミュンヘンオリンピックの公式時間測定めーかーに認定され、時間計測の新規標準を設定しました。多事、乱流の会社歴史の後で、シュランベルクの実業家博士Hans—JochemとHannes Steimが2009年に会社の新しい所有者になりました。ユンハンスの全ての時計は、シュランベルグで生産され、細部に至るまで科学技術専門知識およびデザインと品質の高い基準が保たれています。コレクションはカリスマ的な時計から成っている:1930年代以来生産されているマイスターシリーズは、会社の歴史と現在を反映しています。1956年に、Max Billがデザインした時計は定番の経典になりました。バウハウス哲学に特徴づけられ、それらは今日まだほとんど不変の形で生産されています。1990年にユンハンスは電波時計の発明によって時計の新しい基準を作り上げました、― それは今日なお使用されている環境調和型のソーラーパワーと融合されたテクノロジーです。スターのマークを誇示している時計と同じくらいユニークなテクノロジーです。