• 1972 年のオリンピック大会。世界中の目がミュンヘンとユンハンスに注がれていました。この大会の公式タイムキーパーとして、ユンハンスはスポーツ界のタイム計測に新たな基準を打ち立てました。電子ネットワーク化されたスターティングブロックや、不正スタート発見装置、そして光バリア。これらの機器を用いることで、スタートとゴールの瞬間を正確に記録・監視・文書化することができるようになりました。この開発によって、スポーツの世界では正確なタイム計測が可能になり、客観的で議論の余地のがない結果を得ることができるようになりました。記録が明確に計測できるようになったのです。1/100 秒単位まで正確に計測ができる世界初のカラー写真によるゴール判定の実現と相まって、ユンハンスはスポーツ競技でのタイムキーパーという名声を手にします。

  • 1972

    時計が捉えた栄光の一瞬