• 1967 年から、ユンハンスの開発者たちはクオーツ式腕時計の開発に取り組み始めます。開発者たちは解決策を模索していましたが、それは常に時間との戦いでした。ライバルたちもクオーツウォッチの開発を進めていたのです。そしてこのときもユンハンスは業界をリードします。1970 年、ユンハンスはセンセーションを巻き起こしました。ドイツ初のクオーツ式腕時計の試作品を発表したのです。この「Astro-Quarz」で 、ユンハンスは再び時計の歴史に新たな1ページを刻みました。複雑な技術を要したため、この時計は当時としてはかなり高額な約 800 マルクで販売されました。そして1972 年には、キャリバー W666.02 が量産に入りました。

  • 1970

    腕時計にも精度を