JUNGHANS max bill


明快さというパワー

 

マックス・ビルは、現代における非凡な芸術家の一人です。マルチな才能を発揮した彼は建築家、画家、彫刻家、商業デザイナーとして活躍し、膨大な作品を遺しました。魅力的な時計シリーズもそのひとつで、今日に至るまでほぼ手を加えることなく、現在も製造されています。

それらの時計がまさに、マックス・ビルがユンハンスのためにデザインしたウォールクロック、テーブルクロック、そして腕時計です。

 

ヴァルター・グロピウスが設立したバウハウスの門下生として、彼ほど構造的な明快さと精緻な調和への追求を一貫して作品に表現する方法を理解していた人物はいませんでした。彼の大きな関心事は知識の伝承と教育でした。

だからこそ、ウルム造形大学の共同設立者・初代学長となるだけに留まらず、この大学の校舎設計までも行ったのです。

> マックス・ビル バイ ユンハンスについてタイムトラベルから見つける