ミニマリズムのデザイン – 最大の持続性

05/12/2020

新しいmax bill MEGA Solarは太陽を駆動力として利用し、

革新的な技術とデザインのノウハウを結合させています。



環境破壊を避け持続的な生活を送るということは、資源を大切に使いながら、長持ちする付加価値を生み出していくことを意味します。こうした持続性を表現しているのが新しいmax bill MEGA Solarです。 

無尽蔵のエネルギー源である太陽はすでに1980年代からユンハンスにインスピレーションを与え、ソーラーエネルギーを使った時計の開発へと扇動してきました。max bill MEGA Solarはこの持続性の伝統を最も美しく徹底したかたちで継続し、革新的なテクノロジーを持続可能なエネルギー、そしてバウハウス出身のマックス・ビルによる独特のデザインと結びつけています。  

チタニウム素材のケースなので、時計は軽量で落ち着きがあり、肌に優しくなっています。レザーストラップは植物性なめし処理が施され、内側はなめらかで柔らかいアルカンターラです。そして凹面のドーム型ケースバックが時計の快適な着用感を完璧なものにしています。 

内部は新しいユンハンス製電波式ムーブメントで、最高の精度を保証し、エネルギー効率が優れています。完全放電の状態で8分間日光に当てると時計は再び使用可能になります。しかも、ムーブメントは最大3年間のダークパワーリザーブ機能を備えています。永久カレンダー、夏時間と冬時間の自動切り替え、そしてタイムゾーンの調整はクラウンを使って、またはJunghans MEGAアプリの最新バージョンによる時刻同期を使って世界中で簡単にできるので、この上なく快適です。   

芸術家マックス・ビルとの長年にわたるコラボレーションに基づく時計デザインも継続的です。プロダクトデザイナーだった彼は自分の仕事を「環境のデザイン」と見なし、過去だけでなく現在、未来にわたってもモダンであり続けるようなミニマリズムのデザインを生み出しました。ピュアさを極めたデザインの中で特に衝撃的なのがダイアルです。ユンハンスはmax bill MEGA Solarのために特別に、太陽電池付きの凸面ダイアルを開発しました。そして太陽電池はスムーズに時計のデザインにつながっています。  

自然なマテリアル、革新的なテクノロジー、そしてピュアさを極めたデザイン。max bill MEGA Solarはミニマリズムのデザインで最大限の持続性を実現しています。