近代の象徴。

07/22/2019

max bill Chronoscope 100 Jahre Bauhausはバウハウスの哲学を現代に表現しています。



max bill Chronoscope 100 Jahre Bauhausはバウハウスの哲学を現代に表現しています。

100年前に創立されたバウハウスは今日にいたるまでアバンギャルドなデザインの代名詞になっています。この革新的な芸術学校では、画期的なデザイン手法が実現しています。バウハウスのクリエイティブなプロセスにおいて最も重要となったのが「形は機能に従う」という原則でした。この原則をもとに、椅子などの日常的なオブジェから新しい思想の建築にいたるまで、余分なものを極限まで省くという、ミニマリストなデザインが生まれました。デッサウのバウハウス校で学び、その後も生涯を通じてバウハウスの哲学が中心的な役割を果たしたマックス・ビルが、1961年からユンハンスのために、まさにこの革新的な芸術学校の基本思想を表現したウォッチ デザインを創り出しました。

バウハウス創立100周年を記念して、Junghans max bill Chronoscopeが1,000本限定版で発売されます。この記念すべき時計はマックス・ビルのオリジナルデザインをベースにしており、デザインにはバウハウス校舎に見られるバウハウスの典型的な要素が取り入れられています。例えば赤い日付表示と針はデッサウ校の有名な赤いエントランスを表現しています。ケースバックにはバウハウス校の建物がプリントされ、建物の窓を通してムーブメントを覗き見ることができます。グレーとアンスラサイト色(無煙炭)のストラップとケースが、明るいダイアルと強烈なコントラストを出しています。光と影の相互作用はデッサウのバウハウス校の窓で演じられたコントラストです。

Junghans max bill Chronoscope 100 Jahre Bauhaus – 近代を象徴するミニマリズムの作品です。

 

max bill Chronoscope 100 Jahre Bauhaus

仕様

 

品番: 027/4902.02

ムーブメント: 自動巻ムーブメントJ880.2、48時間パワーリザーブ機能、日付表示

機能: クロノグラフ、30分および12時間積算計

ケース: ステンレススチールPVD加工アンスラサイト(無煙炭)マット仕上げ、 直径40.0 mm、厚さ14.4 mm、両面反射防止加工ドーム型サファイアクリスタル、バウハウスの校舎が印刷され部分的にムーブメントが見えるミネラルクリスタル シースルーバック

ダイアル: マットホワイト仕上げのダイアル、ルミナスドット

針: 環境にやさしいスーパールミノバ付き針

ストラップ: PVD加工尾錠付きグレー カーフストラップ

防水性: 3気圧

特徴: レッドのルミナス加工デイト表示

発売時期: 2019年10月

限定: 1,000本