• 2012 年、企業家のシュタイム家は、丘陵地帯のユンハンス地所にある重要な建築物の買収を進めます。この買収によってユンハンス・ブランドのみならず、ユンハンスの建物も、再びドイツ・シュランベルクに由来する一族の資産に帰することになりました。自社敷地内において、電波時計ムーブメント用の新たな組み立てラインを含めたシュランベルク拠点の垂直統合を強化し、腕時計の新世代ムーブメントの開発に投資を行いました。このことは、ユンハンスの付加価値向上にさらなる大きな貢献を果たし、今後数年間の力強い成長を導くことになるでしょう。

  • 2013

    将来に向けた設備投資