• ドイツの雑誌『Finance』が、ユンハンスの債務超過を「ついに倒産」という見出しで伝えます。これが止めを刺すことになったのかもしれません。こうしてユンハンスが 2000 年から傘下に入っていた親会社 エガナ・ゴールドファイル 社の屋台骨が傾いた後、ユンハンスは再び独立することになりました。これで、グループ企業の利害から離れ、独自の将来戦略を描くことができるようになりました。シュランベルクでは、社長ヴェルナー・ヴィックラインとマティアス・シュトッツが 破産管理人と共にこの伝統企業の救済者を探し、市長ヘルベルト・O・ツィネルもかつては地域最大だった雇用主のために最良の投資家探しを支援してくれました。市役所からの依頼を受けて、シュランベルクの名誉市民であり企業家のハンス・ヨヘム・シュタイム博士が工場を訪れ、破産管理人および経営陣とまもなく合意にいたりました。この企業の新たな所有者であるハンス・ヨヘム・シュタイム博士とハンネス・シュタイムと共に、ユンハンスは 2009 年 2 月から新たな未来を切り開くことになります。

  • 2009

    新時代の幕開け