• 集中的な開発作業を経て、ユンハンスは電波テクノロジーの改良において更なる大きな一歩を踏み出すことに成功した、世界初の時計メーカーになりました。エネルギーを光から取り込み、電波信号により常に正しい時刻が表示される完璧な腕時計を開発したのです。1992 年春、ユンハンスの技師ヴォルフガング・ガンターは業界誌に試作品を発表して驚かせ、1993 年 1 月にはその時計の量産に入る準備が整いました。社長ヴォルフガング・フリッツは、ユンハンスにとって栄光の瞬間であり、時計の開発における画期的出来事だと語りました。

    1995 年、耐傷性に優れたセラミックケースにアンテナが内蔵された「Mega Solar Ceramic」は「永遠に動き続け、絶対に狂わない」究極の時計と評されました。

  • 1993

    究極の時計