• 1985 年、ユンハンスは大きな飛躍を遂げます。同年、ユンハンスは家庭用の初の量産電波式テーブルクロックを発表します。その誤差は 100 万年にわずか数秒で、人類の絶対精度への追求が現実のものとなったのです! その1年後、創業 125 周年を迎えたユンハンスは、世界に先駆けてソーラー電波時計「RCS1」を発表しました。この電波時計は、エネルギーを省資源型のソーラーテクノロジーから得る仕組みになっていました。次の大きなセンセーションは 1990 年に達成されました。ユンハンスの技師たちは電波テクノロジーをできる限り小型化して、腕時計に内蔵することに成功したのです。これにより「Junghans Mega 1 」は世界初の電波式腕時計になりました。この時計は FROG Design 社と共同設計されたもので、その先進技術のみならず未来的なデザインでも他を圧倒していました。

  • 1990

    精度を追い求めて