• 1946 年、自社開発のキャリバー J88 を搭載した初のリストウオッチクロノグラフの設計図が製作されました。19 石、コラムホイール式、高価なブレゲヒゲが付いた手巻き式クロノグラフです。この時計にはストップウォッチ機能が装備されており、新設されたドイツ連邦軍がパイロット用官給腕時計を探していた当時の、典型的な「パイロットウオッチ」のイメージそのものでした。ユンハンスはきわめて頑丈で信頼性の高い J88 ムーブメントを搭載したクロノグラフを提案し、ドイツ軍との契約を勝ち取ります。直径14リーニュ、裏側を美しく金メッキ加工されたクラシックなムーブメントは1950年から1964年にかけて製造されました。少し後には一般向けの時計としても販売され、成功を収めました。

  • 1949

    ドイツ時計製造業の光り輝く星