未来を設計する

 

150 年以上にわたって、ユンハンス・ブランドは先駆的なウォッチメイキングと創業地であるドイツへの献身を身をもって表してきました。長年にわたる伝統と独創性に富んだ技術革新を特徴とするユンハンスの名は、品質、信頼性、精密さ、情熱といった価値を常に連想させます。ユンハンスは理念に忠実に精密さと先駆的アイデアを巧みに組み合わせながら、長い歴史を通じて改良を重ねた新しいテクノロジーで、人々を幾度となく驚かせてきました。そしてその結果、時計産業の歴史において重要な存在となったのです。

時計メーカー・ユンハンスは、2009 年初頭にシュランベルクの企業家ハンス・ヨヘム・シュタイム博士とハンネス・シュタイムに買収されたことで、将来に向けた成功の道筋への基盤を築きました。拠点地域との深い関わり、ブランドが持つ価値に対する責任感 ― この意識を踏まえて、ユンハンスの新しい所有者は長期的な企業戦略を確立しました。その目標とは伝統を守り、未来を強固にすることです。その場合、拠点の保護と拡張、そして有能な若手社員を育成することがきわめて重要な役割を果たすことになります。独立系企業であるユンハンスは、今後も国内外にわたって類例のない歴史を紡ぎ続けていくでしょう ― 「Made in Germany」の画期的な製品と共に。