JUNGHANS max bill

ミニマルの追求

 

ミニマルの追求

 

JUNGHANS max bill

 

1961年以降、様々な変化が起こりましたが、変わっていないものもあります。Max Billがユンハンスのために設計した機械式腕時計は不変で、現在でも同じデザインで数多く製造されています。無駄を削ぎ落としたダイヤルから特別にデザインされた丸型の数字や、時計の歴史的な魅力を強調するドーム型のガラスまで、全てが変わっていません。控えめのケースは研ぎ澄まされた簡潔さを伝えると同時に、視線を真に重要なもの、すなわち時間の読み取りに誘導します。実用価値と美しさの調和が最適に演出されています。Max Billの創造的な理念が私たちの時計の中に生きているのです。 ユンハンスはMax Billの後継者、max, binia + jakob bill財団法人から定期的にアドヴァイスを受けています。これにより、オリジナルがオリジナルのままに保持されるのです。

> マックス・ビル バイ ユンハンスについてタイムトラベルから見つける