フライトの魅力は継続する。

03/07/2016

初フライトは完全な成功を遂げました。今滑走路は再びクリアになり、エンジンは始動し、離陸するために、マイスター パイロット(Meister Pilot)が飛び立つ許可が与えられました



最適な高度

ユンハンス本社のイベントで発表された、マイスター パイロット イベント版(Meister Pilot)続き、マイスター パイロット(Meister Pilot)が発売されました。独特なデザインと独立した機械性はこのタイムピースを完璧な副操縦士にします。

マイスター パイロット(Meister Pilot)は、1950年代の歴史的なユンハンスのパイロットウォッチの特徴的なデザインを備えています。そして現在のマイスター(Meister)コレクションのなめらかで、スタイリッシュなデザインを持ち合わせています。エレガントで控えめなケースデザインとラグの流動形態が作り出す、大きな時間表示にパイロットの視線を集中させます。両面ドーム型サファイアクリスタルと、クリアな発光インデックス及び指針は独特で理想的な視認性を提供します。つまり照明条件の悪い時や、夜の時間帯でも、読みやすさを確保することが出来るのです。ダイヤル上の3時と9時位置のインダイヤルはクロノグラフ積算計です。

継続的な伝統

飛行時のタイムキーピングにおいてニーズが高まり、その要望がユンハンスに向けられたのは1930年代の頃です。その頃ユンハンスは航空交通用の船内時計を製造していました。これらは現在遺産リストに登録された建物テラス7で製造され、時計製造の繊細な作業に最適な照明条件の構造を提供しました。コックピットの古典機器の外観は1955年の伝説上の連邦国防軍クロノグラフに反映されました。マイスター パイロット(Meister Pilot)のデザインはこれに遡ります:両方向回転ベゼルに12箇所の独特な凹面のノッチが時計の外観だけではなく、良好なグリップを確保します。7回ネジ止めされたケースバックには、特徴的な要素を備えています:特別にデザインされたコンパスローズは、人工地平線の形で古典的な飛行象徴が組み込まれ、リベット・レザー・ストラップは手首にしっかりとしたフィット感を生み出します。- フロント・アセンブリの特定の構造は、パイロットウォッチには珍しい優雅さを表現し、そして離陸に必要な明るさも確保しています。

マイスター パイロット(Meister Pilot)

ムーブメント: 自動巻きムーブメントJ880.4、3時位置スモールセコンド、
クロノスコープディスプレイ(3、9時位置に積算計付)
Dubois Depraz 2030モジュール(ETA VS2824またはSellita SW200ベース)
クロノスコープ:  セントラルストップセコンド、9時位置30分積算計
仕上げ: ロジウム加工、コート・ド・ジュネーブ仕上げのローターとブリッジ装飾
ケース: ステンレススチールØ43.3 mm両方向回転ベゼル。
ベゼルの特徴は、12箇所の凹面のノッチで、
オリジナルモデルの継承です。
両面無反射コーティング、高さ14.4mm、ドーム型サファイアクリスタル、7回ねじ止めされたコンパスローズ装飾付きケースバック
文字盤/指針: 環境に優しいスーパールミノバ加工の文字盤/指針
ストラップ: フォールディングクラスプ付きリベット レザーストラップ
防水性: 10気圧