アイデアを現実にする

 

ドイツ・シュランベルクの設計部門では、未来のユンハンス時計が生まれています。 ここでは、ひらめきと伝統が、現在の市場発展と実績のあるユンハンスの価値と融合されています。初期のアイデアから最初のスケッチを経て CAD での 3D ビューにいたるまで、完璧なユンハンス製時計を作り上げる上で多くの注意が払われます。デザインのひらめきに加えて、採用するムーブメントも設計プロセスの出発点で大きな問題となります。つまり機械式ムーブメント、電波ムーブメント、電波ソーラームーブメントあるいはクオーツムーブメントのうちのどれで設計中の時計を駆動させるかという決断が、時計の調和やサイズを考える上で大きなポイントとなるのです。

 

技術的な条件、人間工学上の細かい部分、そして文字盤のデザインを細部にいたるまで十分に考え、互いの要素を調和させます。最後に設計図を 3D プログラムでモデリングし、実現できるかどうか検討します。その際には、必ずユンハンスの豊かな伝統を忠実に守ります。なぜなら、新しい時計はそれぞれユンハンス・ブランドとコレクションの独自性を伝え、これを新たに解釈したものであるからです。